ペットが肝臓病になってしまったら|症状を知ろう

ガールとドッグ
チワワ

世界最小の犬

その愛らしさから、チワワは小型犬の中でとても人気があります。性格は明るく陽気だが、勇敢でもあります。恐がりで人見知りという側面もあるため、飼い主への依存度は高いです。そのため、きちんと躾を行う必要がある。

パグ

元気で可愛い子犬を家族に

愛らしい顔で人気のパグの子犬を家族として迎える時には、幾つかチェックしておきたいポイントがあります。一般的な子犬の選び方に加え、パグに起こりやすい遺伝的疾患の兆候や親犬の病歴などもチェックポイントになります。

犬や猫の病気

男性医師

ありがちな症状

犬や猫などのペットの病気に、肝臓病があります。肝臓は「我慢強い臓器」と言われており、症状が出たときには、手遅れとなってしまう場合があります。肝臓本来の働きができなくなると、解毒機能が落ちたり、栄養が取れなくなったりして体に障害が出ます。ペットの食欲がなくなったり、元気が見られない場合は、なんらかの病気が心配されます。短期間の間に体重が落ちて、痩せてくる場合もあります。肝臓病になったときの特徴として、嘔吐を繰り返したり、白目が黄色くなることがあります。大量に水を飲みたがり、尿の量が増えた場合なども、肝臓病にかかったサインと考えてよいでしょう。肝臓病とほかの病気との区別をつけるのは難しいと思いますが、早期発見が大切です。飼っているペットにこのような症状が見られたら、動物病院に連れていってください。動物病院では、ペットの状態を見て肝臓病の可能性があれば、薬を用いた治療を行います。また、投薬治療以外で肝臓病にかかったときは、食事療法が必要になります。肝臓病にかかると食べたエサから栄養が取り込めなくなり、しだいに痩せてきますから、普段より多めに食べさせなければなりません。ペットの食事の回数が増えてくる場合もあるでしょう。動物病院の医師は、ペットの肝臓に負担をかけないようなエサを与えるアドバイスをくれます。今までペットフードを与えていた場合は、エサの内容が肝臓病食のようなものに変わってくる場合があるでしょう。

パピヨン

仏語で蝶の名を持つ小型犬

フランス語で蝶を意味する名前の犬種パピヨンは、耳飾りのエレガントさとバランスの良い体付きで日本では人気の高い小型犬です。性格は明るく活発なので運動を要しますが、しつけも難しくはなく飼いやすい犬種となっています。