ペットが肝臓病になってしまったら|症状を知ろう

飼い主と犬

仏語で蝶の名を持つ小型犬

パピヨン

全体的に明るい性質を持つ

フランスとベルギーを原産国とするパピヨンは、蝶のような耳の飾り毛が特徴的な小型犬です。パピヨンの名にはフランス語で蝶の意味があり、見たままの名前となっています。性格的には明るく、人に対して友好的な態度を示すので飼いやすい犬種といわれています。しつけに関しては賢さがあるのでそれほど手間はかかりませんが、自己主張の強さやプライドの高さが見られるため、仔犬の頃から適切なしつけを行うことが大事です。小型犬でエレガントな印象のあるパピヨンですが、とても遊び付きで活動的な犬種なのでスポーツにも向いています。活動的な犬種は、ドッグスポーツなどの体を動かしながら訓練する場で物覚えが良いことが特長として挙げられます。小型犬は室内での運動だけで一日の運動量を満たせることもありますが、パピヨンの場合は室外での運動も必要です。活動的な気質があると、人もそうですが運動及び動き回ることでストレスを解消します。犬はストレスが溜まると心身的に不調が現れ始め、ストレス行動という特有の行動が生じるようになります。このような状況も人と同じですが、犬はより分かりやすく症状が現れます。パピヨンは日本国内で人気のある犬種なので、ショップなどで見つけることは難しくありません。色はホワイトにブラウンかブラックで、表情は明るい性格が分かるような無邪気感がある個体が多いです。性格や表情は個体によって異なるので、愛情と責任感を持って死する時まで飼えるのであれば、姿かたちにとらわれずに気に入った個体を家族に迎え入れると良いです。